痛みを吹き飛ばそう|世田谷自然食品のグルコサミンで関節痛を改善

複数の男女

中性脂肪対策に

メディシン

今中高年の間で話題に上がることが多いのが中性脂肪であります。健康を気遣う人が多くなる中で、中性脂肪が高くなることはとても気になるところです。とはいっても中性脂肪は、人が身体活動を行うためには必要なエネルギー源であることは知っておくと良いでしょう。ただ中性脂肪が増えすぎてしまうと、人の健康を脅かす存在になってしまうので注意が必要になります。また中性脂肪というと、体型に現れると思う人が多いでしょう。しかしながら最近では、痩せていても中性脂肪の高い人が増えているので注意する必要があります。中性脂肪を下げるためには、DHAやEPAなどの成分を摂ると良いとされています。DHAやEPAなどが多く含まれている食品には、青魚があるので積極的に摂取する必要があります。

DHAとはドコサヘキサエン酸の略であり、最近は中性脂肪を下げる成分として注目されています。そのため現在では、「中性脂肪が気になる方」の特定保健用食品として販売されています。またDHAには、中性脂肪を下げる働きだけではないことが、最近の研究でわかってきました。DHAはマグロやカツオの眼球の後ろ側にある脂肪に、特に多く含まれていることが分かっています。また脳や中枢神経系、網膜や視神経にも多く存在していることが示され、脳機能の向上や維持、記憶力低下の防止や目の機能維持に関わっている特徴があるのではないかと考えられています。このように体の健康維持に大きく関与しているDHAですが、最近は青魚の摂取量が減少しているので、DHAの摂取量が減少しているのではないかと懸念されています。そこでサプリメントなどの活用が大切になります。